おすすめの防災用品グッズを口コミ人気ランキングでご紹介!ゲリラ豪雨等の水害対策に止水板がお役立ち!

本当に必要な防災用品とは?


近年では地震や津波だけでなく毎年のように台風や豪雨による被害も発生しています。
災害が発生した際に未然に大きな被害を防いだり、ガスや電気などのライフラインが遮断された時に必要になるのが防災用品です。
しかし、様々なものが販売されているため災害時に本当に不可欠な防災用品がどれかわからないといった人も少なくないはずです。

 

どのような状況でも必ず必要になるのが水です

防災用品を準備する時にまず思いつくのがです。
実際に水はどのような災害でも必ず必要になると言え、被災経験者も水の必要性を口にします。
ライフラインである水道が経たれた時、私たちの命に直結する飲料水の供給が止まることになります。
そのため、飲料用としてミネラルウォーターを備えて置く人は少なくありません。

しかし、問題はそのになります。
ペットボトルなど水は比較的場所をとるため、特に都市部の狭小住宅などではそれほど多く備蓄することができません。
また、飲料用のみを備えておく人も多いのですが、飲料用以外にも体を拭いたりトイレを流したり衛生面でも重要な役割を果たしています。
普段、水が十分に使える生活ではあまりイメージできませんが、手洗いや排泄物の処理が不十分ですと、感染症などの二次被害が拡大する原因にもなります。
水は飲料用以外に衛生用にも十分な量を用意しておきます。

できれば最初の避難で持ち出せる分だけでなく災害後、日数が経過し一旦帰宅してから使用できる予備もあった方がよいでしょう。

 

電気エネルギーとなる電池を準備する

地震や津波で発電所などが被害を受けると電気の供給が止まってしまいます。
また、台風などの暴風によって電線が切れたり、電柱が折れるといった被害でも停電が発生します。
特に家屋の倒壊など、夜間に甚大な災害が発生し避難しなければならない場合、電気がない真っ暗な状態では一緒に住んでいる家族の安否すら確認することが困難になります。
それだけでなく真っ暗な状態ですと食料などの防災用品を持ち出すこともできない可能性があります。

そんな時に真っ先に必要となるのが懐中電灯です。
他にも災害が起きた後に二次災害などを防ぐためには情報収集が不可欠ですが、ワンセグテレビやスマートフォン、ラジオなどが必要になります。

なお、これらの防災用品はほとんどの場合、電力が動力源なので、停電時には電池が不可欠です。
電気は災害の度合いによっては復旧までにかなりの時間を要す場合もあるので、電池は予備の分も備えておくとともに使用期限にも注意が必要です。
使用期限が迫った電池は家庭用として使用し常に新しい電池を備えておきましょう。

 

非常食の用意には工夫が必要です

一昔前の非常食と言えば、カンパンのような長期保存が可能なビスケットが主流でしたが、現在では技術の進歩によって様々なものがあります。
それだけでなく、長期の避難生活を強いられた場合、様々な非常食を用意していた方が栄養のバランスも優れていると言えます。
特に寒い時期の避難生活ではカップラーメンなど温かいものも重宝しますので、非常食とともにガスコンロなども必需品になります。

なお、調理が必要な非常食を用意する場合に考えなければならないのが調理時間と水の量です。
災害時には水はもちろんのこと、ガスボンベなどの燃料も貴重です。
そのため、少量の水と短時間での調理が可能なものが防災用品として向いています。

中でもおすすめなのがパスタです。
パスタはあらかじめ水に数時間浸しておくことで柔らかくなり1分程度の加熱で火が通ります。
また、うどんやカップラーメンのように塩分を含んでいないので、あらかじめ浸す際には少量の水で十分です。
その他にも、缶詰などを非常食として用意する際には缶切りが必要なく手で開けられるものにすることもポイントです。