おすすめの防災用品グッズを口コミ人気ランキングでご紹介!ゲリラ豪雨等の水害対策に止水板がお役立ち!

水害対策は事前に工事が必要?

住み始めたエリアで、豪雨などが頻繁に起こり、水に関する被害が多い場合もあるでしょう。それを知ったとき、自身はまだ経験をしたことがなくても、何らかの工事を行って、水害を防ぎたいと考えるかもしれません。

確かに、水が入らないように自宅に事前に工事を行っていれば、しっかりとした水害対策が行えます。しかし、現在では工事が必要のない簡易的な対策方法もあるので、そちらの利用も検討しましょう。

このコラムでは、簡単にできる対策工事が必要になる対策を紹介しますので、自身の家にピッタリなほうを選んでください。

 

まずはどのくらいの水害が起こるかリサーチ

住む場所に豪雨が多かったとしても、街が完璧な対策を行っているのなら、個人で水害対策を行う必要はありません。どのような水害対策を行うか決めるためにも、まずは住む地域での被害の状況を調べてみましょう。

インターネットで地域名と水害というワードを使えば簡単に調べられますし、近所の方に聞くのも有効な手段です。床上浸水や床下浸水など、豪雨があったときの状況を教えてもらって、自身の家に被害が起こるとしたらどの程度になるのか知っておきましょう。被害の程度を正しく把握できれば、どの程度の水害対策を行えばよいか明確にできます。

もしも、被害が軽いのならば、比較的楽に利用できる簡易的な防災用品をおすすめします。そして被害が深刻ならば、工事を行うタイプの対策を行って、水の被害を最小限に抑えましょう。

 

事前に工事が必要ない水害への対策

水が敷地内に入ってきて欲しくないのなら、進入しないように壁を作るのが有効な手段です。その方法として一番安く利用できるのが、土が詰まった袋である土嚢という防災用品です。

ホームセンターを訪れれば、たくさん販売されているので、積み上げるのに十分な数量を購入するとよいでしょう。もしも、重いと感じるのなら、通販ショップで購入すれば自宅まで届けてくれます。

しかし、土嚢は効果はありますが、原始的なので、本当に水害から守ってもらえるのか不安に感じる方もいるはずです。そのときは、水害から家を守るため、専門に設計された防災用品の購入を考えましょう。土嚢よりも扱いやすいのに、水はしっかりとせき止められるため、緊急時に素早い対応を望む方にもおすすめできます。

ただし、土嚢のように、いくらでも積み上げられるものではないため、対応する水の高さをきちんと把握しておきましょう。10秒程度で取り付けられるものや、シート状になっている製品もあるので誰でも使いやすいです。

 

事前に工事が必要な水害への対策

事前に工事が必要なタイプの対策は、自分で行うことはできないため、プロにお願いする必要があります。建築会社やリフォーム会社が、工事を行ってくれるので連絡をして水害が心配なことを伝えましょう。

相談をすれば、床を高くしたり排水機能を高めたり、水が浸入しないためのさまざまな提案をしてくれます。現場を見てもらうのが一番なので、家にきてもらってプロの意見を聞くことをおすすめします。

あとは見積もりを依頼して、水害対策の工事費用に納得できたのなら、さっそく施工を開始してもらいましょう。

 

自宅への水害が気になっているのなら、まずは簡単に導入できる対策方法を調べてみましょう。考えているよりもずっと簡単に水を防げることが分かるため、利用したい防災用品が一つか二つは見つかるはずです。

もちろん、それらでは十分な対策ができないのなら、プロに工事を頼むことを考えなければいけません。水害への対策は自宅という財産を守るために大切なものですが、それだけではなく命を守るためにも必要なものです。

水害が起こってから対策をしておけばよかったと悔やんでも仕方がないので、不安に感じているのなら何を行うのが一番よいのかしっかり考えましょう。

 

 

サイト内検索