おすすめの防災用品グッズを口コミ人気ランキングでご紹介!ゲリラ豪雨等の水害対策に止水板がお役立ち!

水害対策の為に防災用品の購入方法を知っておこう

台風や川の氾濫で、水害が起こるかもしれない地域に住んでいるのなら、対策できる防災用品を購入しておきましょう。日本では地震が多いので、そちらに対する備えは完璧な方もいるかもしれません。しかし、揺れと水では、被害の種類が違うため、地震のための用品では不十分な場合が多いです。

このコラムでは、水害に備えて何を購入すればよいのか説明をし、それらを購入する方法もお伝えしたいと思います。もしも、住んでいる地域が過去に一度でも水の被害に遭ったというのなら、安心のためにも防災用品を購入しておいたほうが賢明でしょう。

 

どのような防災用品を購入すればよいか考える

購入方法を知る前に、まずは何を用意すれば、水の被害から身を守れるのか把握しましょう。まず、一番大切なのは、水に浮くことで命を守れる、ライフジャケットという防災用品です。もしも、街が水没した場合は、プールなどとは状況が異なるため、泳ぎが得意な方もおぼれてしまう可能性があります。

ライフジャケットを着用すれば、水に受けるため、流れが強いところにいかなければ、沈んでおぼれてしまうということはありません。家族がいるのなら、大人用と子供用の必要数を考えて、人数分をきちんと用意しておきましょう。

避難するほど水位が上がらなかった場合でも、床下浸水や床上浸水をしてしまう場合があります。程度が軽い浸水ならば、土嚢を使えば防げる可能性があるので、購入しておくことをおすすめします。土が入った袋である土嚢を、家の入り口に設置すれば水を防げるため、浸水を防いだり軽くしたりできるでしょう。

なお、現在では重い土嚢ではなく、力がない方でも簡単に設置ができる、浸水防止用品も売られています。土嚢を積み上げるのは大変なので、高齢者や女性しかいない家庭の場合は、そちらの購入を考えましょう。

台風や豪雨が収まって、水がしっかりと引いたとしても、災害が収まらないケースもあります。水によって停電が起こり、何日間も電気のない生活を続けなければいけない可能性もあるので、その対策もおこなっておきましょう。

停電の対策は地震と同じなので、一般的な防災用品セットを購入すれば大丈夫です。食料や懐中電灯はもちろんのこと、手袋や簡易トイレなど、さまざまなアイテムが入っているものを選びましょう。

 

実店舗と通販のどちらでも購入が可能

防災用品はホームセンターなどの実店舗と、ネットショップなどの通販のどちらでも購入が可能です。ただ、ネットショップの場合は、商品説明をしっかりと読んで、必要なものがすべて揃っているか確認してから購入しなければいけません。もちろん、自宅に届いたのなら、防災用品に不備がないかチェックすることが大切です。

ちなみに、浸水防止用品のような特別なものが欲しいのなら、その製品を製造するメーカーのウェブサイトを訪れてみましょう。商品説明から買う方法まで記載されているので、便利な防災用品をすぐに手に入れられます。

 

防災用品は品質を考えて選ぶこと

どこから購入するとしても、水害があったときに、きちんと使えるものを選ばなければいけません。特に、命に関わるライフジャケットの品質はとても大切なので、メーカーの信頼性を確かめた上で購入しましょう。日本でも名の知れたメーカーのライフジャケットを選べば、不具合が起こる可能性は限りなく低いです。

また、食べ物や飲み物を備蓄するのなら、消費期限もしっかりとチェックすることが大切です。消費期限が切れそうになったのなら、買い換えて、いつでも食料として利用できるようにしておきましょう。

 

地震と同じで、水害もいつ起こるか分からないため、防災用品をしっかりと用意しておきましょう。購入方法は簡単ですが、選ぶべき防災用品はたくさんあるので、正しく把握した上で購入すべきです。

ライフジャケットと浸水を防止する用品は水害にとって一番大切なため、いろいろと情報を調べて、最適なものを購入しましょう。もしも、分からないことがあれば、メーカーに聞けば、水害時の利用方法などを含めて、さまざまな疑問に答えてくれます。

 

サイト内検索