おすすめの防災用品グッズをご紹介!ゲリラ豪雨等の水害対策に止水板がお役立ち!

シャッターでは水害対策にならない?

日本は災害の多い国と言っても過言ではありません。地震や水害も多いので、自分である程度の備えをしなければいけませんし、対策も取っておくことが必要です。特に近年では水害が増加しています。水害対策のためにシャッターを設置することも考えられるでしょう。

 

市販のものでは不十分なこともある

水害対策にシャッターを導入する、ということもあるでしょう。しかし一般的なシャッターだけでは完全に水をせき止めることはできません。水害のためのものを導入する必要があります。

水害が起きると流れが激しくなったり、水圧がかかったりして、シャッターが破損をしてしまうことも考えられます。ある程度の水圧にも耐えることができるものを選択して、取りつけることも考えてみるとよいでしょう。

水圧に耐えられるタイプのもの選ぶと費用もかかってしまいますが、安全のためには仕方がないと考えたほうがいいのかもしれません。中には公共機関に設置をしているタイプのものもあるので、公共機関以外でも設置をすることができるのかどうか、業者と相談をしてみるのもよいでしょう。

色々な業者があるので価格の比較もおこなっておくことが好ましいです。防災用品は新しいものもどんどん出てきているので、最新のものを設置すると安心できるかもしれません。

 

水害専用の対策アイテムを利用する

水害対策にシャッターを設置する、というのは間違いではありません。しかしある一定以上の水圧に耐えることができなかったり、隙間が空いているものは水害対策のアイテムとしては好ましくはありません。

水圧に耐えることができる加工がしっかりと施されており、接地面との隙間もないものを選ぶ必要があります。水害対策のシャッターも販売されているので、設置をすることを検討するとよいでしょう。

接地面との隙間の問題でもしかしたら設置をすることができないということもあるので、その点は専門業者と相談をするべきです。たくさんの防災用品がありますが、昔から言われていたのは地震対策のためのアイテムばかりでした。

しかし今は水害も多発しているので、水害対策のものを考えておくとよいでしょう。専用のものではないと全く効果がない、という場合もあります。場合によっては止水板を設置するだけでもかなり効果を得ることができることがあるので、止水板の設置も検討するとよいでしょう。

 

様々な防災用品を用意しておくこと

水害が増えてきたとはいえ、水害以外にも災害はあります。起こってしまった災害に応じて必要になってくる防災用品も変わってきます。どういう防災用品があれば安心をすることができるのか、ということもよく考えておくとよいでしょう。

食糧に関しては長期保存をすることができるものもあります。長期保存をすることができるものをもある程度は必要になってきます。もしも水害が起きて、自宅に長期間閉じ込められることがあった場合には、ライフラインも断たれてしまうことも考えられるので、ライフラインが断たれても食べることができるものを用意しておくことが好ましいです。

また助けを呼ぶ際に必要になるものなど、あると便利なものはたくさんあります。いざ災害が起きた時に持ち出せるだけのものを用意しておくとよいでしょう。

 

一般的なシャッターでは水害に耐えることができないと言われています。強い水圧がかかり変形してしまうことも考えられます。しかしながら水圧に耐えることができるものもあるので、設置を検討するのもよいでしょう。

隙間があるとそこから水が浸入してしまうので、しっかりと密閉状態を作ることができるものを選ぶとよいです。また防災用品として止水板を設置するという選択肢もあります。水害対策に大きな工事を伴うのであれば、止水板の購入を考えてみるのもよいでしょう。

 

サイト内検索