おすすめの防災用品グッズをご紹介!ゲリラ豪雨等の水害対策に止水板がお役立ち!

ただ安いだけの悪質な防災用品に気をつけよう

防災に関するアイテムの値段を見てみると、それぞれのメーカーで値段設定がバラバラなのが分かるはずです。同じアイテムならば、どれでも変わらないと考えて、できる限り安価なものを選ぼうとするかもしれません。

しかし、もしものときに、きちんと役割を果たしてくれないのでは意味がないため、安さだけが魅力のものを購入するのはやめましょう。コストパフォーマンスを考えるのなら、値段と安全性が見合ったものをしっかりと選ぶべきです。

 

命に関わるものはしっかりと選ぶことが大切

防災用品といってもいろいろあり、クオリティが低かったとしても、命に危険が及ばないものもあります。例えば、紙コップや簡易トイレ、ゴミ袋などはそれに当てはまります。たとえ、使って一秒で悪質なクオリティだと分かったとしても、命の危険を感じることはありません。

しかし、ヘルメットやライフジャケット、浸水防止製品などは、クオリティが低いと命に危険が及んでしまう可能性があります。場合によっては、命を失ってしまい、メーカーに文句をいうことすら無理になる場合もあります。

そのため、命を守るタイプの防災用品を購入する場合は、安さだけを重視して選ぶのは絶対にやめましょう。ほかのメーカーよりも、安いということは何かしらのコストが削られている場合が多いです。

それが宣伝費ならばよいのですが、製品のクオリティに関するものだと、命に危険が及ぶ可能性が高まってしまいます。どのようなコストを削減して安価を実現しているのか購入者には分からないので、明らかに安すぎる防災用品は避けるべきです。

ちなみに、悪質な防災用品に入っている食料の消費期限は、ほかのメーカーのものよりも短い可能性があります。そうなると、買い換える頻度が増えてしまうので、結果的には安いとはいえない費用になってしまうでしょう。

そのため食料品を購入するのなら、値段だけではなく消費期限のチェックも重要になります。

 

悪質な防災用品を見分けるための方法

デジタルカメラや収納グッズなど、さまざまなアイテムの口コミがネット上に載っています。そのためクオリティが低いものを避けたいのなら、口コミでの評判を読んでみましょう。見るからにクオリティが低いアイテムならば、指摘する声が上がっているので購入する前に避けることができます。

しかし、実際に使って見なければ分からないアイテムのクオリティの低さは、口コミで調べるのは難しいといえるでしょう。なぜならば、防災用品は地震や水害などの被害に遭って初めて利用するものだからです。

災害の被害に遭い、実際に購入したアイテムを使って、なおかつレビューを書き込むという方は多くはないです。そのような方の意見を探すのは大変なので、メーカーがどのようなところか調べるようにしましょう。

メーカーの評判がよければ、信頼できる製品を製造している証なので、そちらから販売されている防災用品は信頼できることになります。

 

届いたらクオリティをチェックすること

防災用品を購入して、届いたら、それだけで備えができたと満足するかもしれません。しかし、災害時に本当に活用できるか分からないので、実際に使ってみてクオリティを確かめましょう。

商品説明と異なるポイントがあり、それが安全性に関わることなら、返品を考えたほうがよいです。商品説明との違いは、返品理由になるので、スムーズに手続きが行える可能性が高いです。

命に関わることなので、完璧な防災グッズを手に入れるまで、努力を惜しんではいけません。

 

命の危険を感じたときに、守ってくれるのが、ヘルメットや浸水防止製品などの防災用品です。そのため、それらのアイテムを購入するときは、自分の命にどのくらいの価値があるのか、きちんと考えて選定するようにしましょう。

命はたった一つしかないのですから、安いだけの悪質な製品を購入してはいけません。アクシデントが起こってから後悔しても遅いため、多少高くてもしっかりと命を守る頼りがいのある防災用品を選定しましょう。

 

サイト内検索