おすすめの防災用品グッズを口コミ人気ランキングでご紹介!ゲリラ豪雨等の水害対策に止水板がお役立ち!

防災用品を選ぶ際の注意点は?

万が一の時の為に、防災用品を備えておくことは非常に大切です。防災グッズを確認すれば、様々なタイプが市販されているのでどういったものを入手すればいいか思い悩んでしまう方もいるでしょう。選ぶ際の注意点として、優先順位をつける事といえます。まとめて全部の品を下準備するのは困難です。その為に防災グッズの中でも優先順位をつけ、優先度の高い所から買い入れしましょう。

 

 

 

選定のポイントは食料品を優先にしましょう

様々な防災品が売られていますが、食糧確保が先決といってよいでしょう。当然人が暮らしていくためには、まず食べ物、飲み物が必要です。大災害がもたらされると、日頃の生活の機能がマヒしてしまうことも起こり得ます。したがって数日の食べ物や飲み物につきましては絶えず下準備することが不可欠です。

一般的に考えられている防災のための用品の選定方法として、災害のあとの3日相当分の食料や飲料水を下準備することが重要です。まず第一に飲料水に関してですが、1人1日につき3リットルは準備する必要性があります。したがって1人9リットルを家族の頭数分準備することが大事になってきます。

また、食料の選定方法は、缶詰などを用意しましょう。とりあえず大災害が発生するとガスなどが利用できなくなることもあり得ます。その結果調理が困難になるので、そのままの状態で食べることができる食糧を準備することが重要になります。それに加えて缶詰のケースでは、幾らかは保存がきくので非常食という形で下準備するのにピッタリです。レトルトについてもそのままの状態で食べることができる利点がありますが、賞味期間は短いタイプが少なくありません。保存がきくのは、フリーズドライのほうが推奨出来るでしょう。

電力確保も重要なポイントになります

食料や飲物が調達できた場合は、さらに選定でカギになるのが電力確保といえます。大災害が生じた場合、ライフラインそのものが寸断されることもたびたびです。今までの災害で、長期にわたり停電に陥ることも度々ありました。その為に停電であっても明かり並びに重要な情報を確保する為に、ライト並びにラジオの事前準備を進めましょう。停電によって夜に真っ暗になる可能性が考えられるため、足もとの明かりを確保するライトは必須アイテムです。さらに停電することになればテレビ番組で重要な情報を得ることが難しい上に、スマートフォンなどもつながらない状況になってしまうこともあり得ます。そこで携帯ラジオがあるのであれば、欠かすことができない重要な情報を確保できます。

近頃の用品に注目すると、ラジオやライトで手回しによって充電することができるグッズもあります。乾電池だと長期にわたり避難することになったケースで、電池切れになる可能性も考えられます。手回しによって充電することができるものは、長期に亘る避難であっても心配することなく継続して使うことができます。他にもソーラー型のラジオなども見受けられますが、太陽光線に当てれば継続して使うことができます。

持ち運びできる状態にすることも重要です

選定で発生しがちなこととして、色々と必要と考えてしまって荷物が次々に積み上がってしまうこともあります。しかしながら様々な荷物を詰め込むと、バッグそのものが重たくなります。結果としてスピーディーに避難しなければいけないのに、足取りが重くなりかねません。選定の基準として、男性の方々で15kg女性の方で10kgを意識しておきましょう。それ以上の重さともなれば移動するとき困難が伴います。重すぎて持ち出せないと意味がありません。

 

選定ポイントとして、どうしても必要なものは確保するが必要最低限だけ下準備することを頭に置いておくようにしましょう。災害がもたらされて避難し、状態が落ち着けば帰宅可能なことも多いといえます。一時帰宅し欠かせないものを取りに帰ることは不可能ではありません。要するに災害時一回で数多くの荷物を持ち出すことは不要です。