おすすめの防災用品グッズをご紹介!ゲリラ豪雨等の水害対策に止水板がお役立ち!

前へ
次へ

防災用品は超重要!だからしっかり検討を

近年、台風や地震をはじめとする災害が日本各地で発生しています。専門家の間では、大規模な災害の発生も予測されており、余談を許さない状況です。今までは「私の住む地域では災害なんて起こったことがないから大丈夫」ということもできましたが、ここまでさまざまな場所で多くの災害が発生している以上、そう言い切ることもできなくなってきました。

中でも意外な脅威となり得るのが、豪雨などによる水害です。地震や台風などと比べても発生する頻度がかなり高く、しかもその悪影響は計り知れません。水害によって店舗住宅が浸水すれば、そこにあった商品や電化製品、家具などはすべて使用が不可能なほどの深刻なダメージを受けてしまいます。それに最悪の場合、生命にも危険が及ぶ場合があり、たかが豪雨と侮っていては取返しのつかない事態を迎えてしまう事もありえます。

そのような水害による被害を少しでも減らすために、防災用品はもはや不可欠といってもよいでしょう。防災用品はホームセンターなどでも数多く販売されていますが、適当なものを選ぶのではなく、しっかり検討した上で購入を行うべきです。

このサイトでは、たくさん存在している水害向けの防災用品の中でも、とくに評判のよいものに関しておすすめ形式で紹介しています。

防災用品(豪雨対策・ゲリラ豪雨対策)おすすめ一覧!

公共施設をはじめとして、多くの場所で採用実績アリ

このウォータープロテクトパネルを作ったグローバルアーク株式会社というのは福岡県福岡市にある会社ですが、札幌や仙台、東京に大阪、そして沖縄など幅広いエリアで活躍している中堅的な企業です。

この商品は優れた実績を持ち、一般的な家庭や商店舗のみならず、国や行政が運営している公共機関への採用実績も持っており、信頼性に関しては非常に高いと言えるでしょう

おすすめポイント

Point. 公共機関への採用実績あり

ウォータープロテクトパネル(グローバルアーク株式会社)の基本情報

会社概要 会社名:グローバルアーク株式会社
住所:〒819-0001 福岡市西区小戸4丁目1514-16
電話番号:092-285-4340
種類 アルミ脱着式止水板 / 4面止水扉 / 床下換気口止水板
シート式止水板 / 脱着式止水シートタイプ / 4面脱着式止水シートタイプ / 脱着式止水シートタイプW
特徴 オーダーメイドが可能なのでさまざまな場所で使える
取り付け 事前に工事が必要

ウォータープロテクトパネル(グローバルアーク株式会社)の詳細情報

【目玉商品「アルミ脱着式止水板WPP」が長年のロングセラー】

このウォータープロテクトパネルは防災用品の中でも、比較的ロングセラーに入る部類の商品です。公共機関や各種店舗などでも、この商品の設置が行われています。ウォータープロテクトシリーズはその大きさや用途、材質などが異なる数々のバリエーションが存在しておりますが、その中でも特に人気があるのは、「アルミ脱着式止水板WPP(ウォータープロテクトパネル)」というものです・・・

【止水板シート「ウォータープロテクトシート」が女性にとっても使いやすい】

このように、アルミ脱着式止水板WPPは効果の高さと使いやすさが魅力的ではありますが、いかんせん力の弱い女性が使うとなった場合、少々重さ的に扱いづらさを覚えてしまう可能性が考えられます。そういった場合に活用できそうなのが、止水板シート「ウォータープロテクトシート」です。この防災用品はその名の通り、水を防ぐ部分がポリエステル製のシートになっています・・・

【止水板製品の開発だけでなく、木造住宅のリフォームやトレーニング機器も】

「アルミ脱着式止水板WPP」や「ウォータープロテクトシート」、その他「WPP床下換気口止水板」や「WPS4面脱着式止水シートタイプ」などなど、数々の止水板に関連した商品の開発を行っているこのグローバルアークという会社ですが、それだけではありません。他にもさまざまな分野の事業にて活躍しています・・・

大手企業が開発販売しており、信頼性が高い

「止ピタ」という商品のご紹介です。そのネーミングがなかなかハイセンスで、いかにも「浸水してきた水をピッタリと止めてみせる」という、強い意気込みのようなものが感じられて、個人的には好きかなと思います。

この止ピタに関して、個人的に注目しておきたい特徴ともいえるポイントは、その開発および販売を行っている会社についてです。この止ピタ、なんとあの「文化シヤッター株式会社(「文化シャッター」ではありません)」が開発販売を行っています。文化シヤッターという名前を聞いて「ああ、知っています」という方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。そこまで頻度は高くないですが、テレビコマーシャルも放送されていますからね。

文化シャッターという会社は、東京都文京区にオフィスをかまえており、その資本金は約1億5000万円と、防災用品の開発販売を行っている会社としてはかなり大きな部類に入ります。中でも従業員数は約4500人と、かなり多いです。千歳や秋田、掛川に福岡など、さまざまな拠点に工場を持っているので、生産力の高さにも定評があります。

そんな、シヤッター業界や防災用品を取り扱っている文化シヤッター株式会社が自信をもって開発販売しているのが、この止ピタです。災害対策のための防災用品を選ぶにあたって、会社の大きさや企業としてのブランドを優先する方であれば、この止ピタは候補に入るのではないでしょうか。

おすすめポイント

Point. グッドデザイン賞を受賞

止ピタ(文化シヤッター株式会社)の基本情報

会社概要 会社名:文化シヤッター株式会社
住所:〒113-8535 東京都文京区西片1-17-3
電話番号:0570-666-670
種類 シャッタータイプ / フロントタイプ
特徴 シート型なので設置が簡単
取り付け 工事不要!約5分で設置可能!

止ピタ(文化シヤッター株式会社)の詳細情報

【グッドデザイン賞、そして超ものづくり部品大賞を受賞】

この止ピタに関して口コミを含めたさまざまな評判を調べてみましたが、おおむね好評と言えるようです。口コミに関しても「不器用な自分であってもかんたんに使うことができた」「さすが文化シヤッターさんの製品だと感じさせられた」といった、この商品を褒める内容の口コミが多くみられました・・・

【約5分で取り付けを行うことができるから、利便性が高い】

この止ピタは過去に使用経験のあるユーザーからなかなかの評価を獲得していますが、その理由はいったいどのような点にあるのでしょうか。こちらでリサーチを行ってみたところ、どうやらその「利便性」が評価の決め手となっているようです・・・

【シート型になっているから、力の弱い人であっても扱うことができる】

また、防災用品を使用する上でありがちなトラブルである「せっかく高いお金を出して購入したにも関わらず、あまりにも重すぎたりかさばってしまって使えない」といった事例に関しても、この止ピタであればしっかりと対処してくれます・・・

創業40年の老舗が設計販売しており、一定の信頼性がある

「みずどめくん2」という商品のご紹介です。あまり聞いたことのない、そこまで知名度の高くない商品ではありますが、いろいろと調べてみるとこれもなかなか優れた商品だという印象を受けました。

この商品の設計販売を行っている「株式会社キッスビー三興建設」に関して今まで聞いたことがなかったため、こちらに関しても調べてみると、いろいろなことが分かりました。資本金はだいたい1000万円ほど、代表取り締まり役は黒田信昭さんという方であり、その他食品事業のグループ会社もあることが公式HP等に掲載されており、ここだけを見るとそれほど注目すべき点はないようにも思えるのですが、設立年月日をよく見てみると昭和50年となっています。すなわち、この会社は創業40年が経過している、比較的老舗の企業ということです。

あまり知られていないことではありますが、ほとんどの会社というのは設立してから3年以内で倒産してしまいます。会社を長く経営していくというのは、実を言うとかなり難しいことなのです。そういった観点から考えれば、40年以上もの長きに渡って防災用品事業を継続することができているこの会社は一定の信頼性を確保しており、またこの会社が設計販売を行っているみずどめくん2も、下手な商品より信用できるということなのです。

おすすめポイント

Point. 創業40年の老舗企業

みずどめくん2(株式会杜キッスビー三興建設)の基本情報

会社概要 会社名:株式会杜キッスビー三興建設
住所:〒181-0002 東京都三鷹市牟礼5-13-41
電話番号:03-3221-6401
種類 みずどめくん2 / みずどめくんJr / みずどめくんシート / みずどめくんシートJr
特徴 垂直加圧構造で密着度が高い
取り付け 一部は事前工事が必要だが数分で組み立てられる

みずどめくん2(株式会杜キッスビー三興建設)の詳細情報

【溝を掘る手間もメンテナンスも必要ありません】

40年という会社の歴史から、下手な会社の商品よりも信頼がおけるという点が、このみずどめくん2のひとつの特徴です。しかし、それだけではこのランキングに掲載することは到底できません。ランキングに掲載する価値があると判断するだけの、それなりのウリもこの商品はしっかり持っています・・・

【設置後もまたぐことができるなど、邪魔になりづらい】

このみずどめくん2に関して私が「この点は他の点に関して優れているな」と特に感じさせられた点は、「設置後も行き来の邪魔にならない」という点です。大雨や洪水注意報、および警報を受けて防災用品の準備を行った場合、意外とその止水板が邪魔になってしまいます・・・

【垂直加圧構造を採用しており、密着度が高い】

また、水害対策用の防災用品を選ぶ上で意外な落とし穴となりがちなのが、地面と防水板との間に発生する「密着度」です。止水板と地面がしっかり密着していなければ、そこから水が流れ込んでしまい、効果を発揮しなくなってしまいます。しっかり考えられていない、低品質な商品には特にありがちです・・・

関西地方の企業であるため、ローカルな地域に強い

紹介するのは「株式会社新高製作所」が開発販売を行っている「Daichen止水板」というものです。この株式会社新高製作所について特筆すべき点は、今までの会社が関東に拠点を置いていたのとは異なり、大阪の東成区に拠点を置いているということです。これは防災用品のみならず、その他のさまざまな商品やサービスにも言えることではありますが、その内容が気に入ったとしても、拠点が関東にあるなどして自身の地域を外れてしまっていたため、対応してもらえなかったということがしばしばあります。また、たとえ対応してもらったとしても、スタッフがその地域の特性や状況を把握しておらず、結局「他の業者に任せればよかった」と後悔してしまうほどの中途半端な結果に終わってしまうことも少なくありません。

しかし、関西をはじめとする地域に対して強みを持っているこの新高製作所であれば、そうした「地方の悩み」にもうまく対応することができるのではないでしょうか。関西地方のみならず、岡山にも拠点を持っているため、西側の地域に強いと言えるのです。また、中国江蘇省にも拠点があるので、グローバルな依頼への対応も期待することができるでしょう。

おすすめポイント

Point. 全世界で3000件以上の採用実績

Daichen止水板(株式会社新高製作所)の基本情報

会社概要 会社名:株式会社新高製作所
住所:〒537-0013 大阪市東成区大今里南1-16-8
電話番号:06-6971-1577
種類 積み上げ式 / 起伏式 / 埋め込み式電動タイプ
特徴 防水・衝撃に対して非常に強い
取り付け 専属の従業員が工事を行う

Daichen止水板(株式会社新高製作所)の詳細情報

【衝撃に対して強く、固いものが流れてきても大丈夫】

株式会社新高製作所は、自身が開発販売した商品であるDaichen止水板に対して、防水性の強さ、衝撃試験での成績の優秀さをアピールしています。「水害を防ぐためのグッズで耐衝撃性ってそんなに重要なの?」と思われるかもしれませんが、これが意外と大事なのです。まず、洪水や豪雨によって発生する水の流れというのは、意外と強いものです・・・

【設置にあたっては専属の作業員が設置を行ってくれる】

これに関しては、このDaichen止水板のある種欠点とも言えるのですが、これを設置するにあたっては工事が必要となります。工事によって壁にレールを設置したり、止水板の効果が発揮されやすい環境を整えなければならないのです・・・

【積み上げ式であるため設置の手間がかかってしまうが、便利なシリーズもある】

このDaichen止水板に関してもうひとつ気になる点を挙げるとすれば、止水板が「積み上げ式」となっている点です。設置にあたってはレールとレールの間に何枚ものアルミ板を積み重ねていくことによって、効果を発揮させる形式となっています・・・

店舗用に設計開発がなされており、応用が利く!

「止水バーン「水」止まるんです。ハイ!」という商品のご紹介です。なんだか名前の長い変わった商品で、これの名前を最初に知ったときは「本当に大丈夫かな?」と思っていました。この商品の販売元である「有限会社トラッド」についてもそれほど知名度が高くなく、規模的に決して大きい会社とは言えなかったため、実際にリサーチを行うまでは「どうせ大手の製品にはかなわないだろうな」と考えていたのです。

しかし、いざ調査を行ってみると、その予想は非常によい意味で裏切られることとなりました。この止水バーン「水」止まるんです。ハイ!は、しっかりとさまざまな状況を想定して制作開発がなされており、女手でも10秒かからず取り付けられられるなど、大手商品の水準に劣らないどころか、むしろ勝っているとすら言えるすばらしいクオリティであったのです。

一見コンパクトでそれほど頼りがいがないように見えますが、その効果はかなり高く、テンションポールなどとの組み合わせによって、なんと25cmもの水位に耐えられるようになっているのです。

この止水バーン「水」止まるんです。ハイ!は小規模での販売ながらもその口コミによって徐々に販売数を増やしていき、現在かなりの人気を獲得しているといいます。実際私も使ってみて、その口コミ人気が本物であるということを実感させられました。ご興味のある方は、ぜひ一度調べてみてください。

おすすめポイント

Point. さまざまな状況に対応したグッズを取り扱っている

止水バーン「水」止まるんです。ハイ!(有限会社トラッド)の基本情報

会社概要 会社名:有限会社トラッド
住所:〒577-0028 大阪府東大阪市新家西町3-10
電話番号:06-6787-0027
種類 サイズ180 / サイズ150 / サイズ120 / サイズ90
特徴 約4kgなので運びやすい
取り付け 工事不要!10秒で取り付けられる!

止水バーン「水」止まるんです。ハイ!(有限会社トラッド)の詳細情報

【事前工事はいっさい不要、だから余計な手間コストいらず 】

台風や洪水、ゲリラ豪雨などの災害でもっともおそろしいことと言えば、店舗や家庭への漏水、浸水です。「うちは川から遠いから大丈夫」「こんなところまで水が来るわけない」と安心していても危険。自然の力というのは我々の予想をはるかに上回ります。事実、そうして安全対策を怠った店舗の多くが、予期せぬ災害の被害に見舞われ、大きな損害を出してしまっている事例がいくつもあるのです・・・

【4種類ものサイズが用意されており、拡張性が高い】

このランキングを作成するにあたってさまざまな人々から話を聞いたというのは前にもお話しましたが、その過程で、実際に防災用品を使用したという方の話も伺いました。そういった方々の中には、その防災用品を使用して満足しているという声もありましたが、一方では「買って損した」「ムダだった」という意見もありました・・・

【機械に弱い人であっても、少し練習すれば10秒で取り付けが可能】

防災用品に関する不満やクレームで意外に多いのが「取り付けを行うことができなかった」「設置しようと思ったが難しくてできない」といったもの。取り付け工事にあたって事前工事不要を謳っている商品というのはいろいろありますが、その構造が予想以上に複雑であり、機械にあまり強くない人や、日頃工具を扱ったことがないという人はなかなかうまく取り付けを行うことができず・・・

店長に防災用品を用意しろと言われたことがきっかけで……

はじめまして、私はこのサイトの管理を行っているものです。とはいってもホームページ制作会社などで働いているというわけではなくて、本来の職業は単なるスーパーの事務員なんです。それにも関わらず、いったいなぜこのような防災用品の比較サイトを作成したのかというと、私が実際に経験したとあるできごとがきっかけとなっています。

ことのはじまりは数年前、私が勤め先のスーパーマーケットでいつも通り事務員として働いていたときのこと。店長からある頼まれごとをしたのですが、その内容というのが、「水害が起こったときのために、いい防災用品を購入して設置してほしい」とのことでした。その少し前、とある地方で大きな水害が勃発し、そのためにたくさんの家屋が浸水して経済的な被害が出たり、人命が失われるなどの大惨事が発生していました。店長が防災用品の導入を決定したのも、そうした状況を考慮してのことと思われます。

店長によれば、店の人間はネットに疎く、唯一まともに扱えるのが私だけだったということから白羽の矢が立ったのですが、正直いって困らされました。私はこれまで防災用品といったものを一度も扱ったことがなく、それらに関する知識もほとんどといってよいほどなかったのです。

ですので、まずは防災用品についてネットなどを中心に調べることからはじまりました。その結果として、水害対策のための防災用品というのが、店舗や住宅へ水が入ってくるのをせき止める「止水板」といったものであるということを理解したのです。

しかし、ここからがまた大変でした。最初のうちは「防災用品なんて出しているメーカーってあまり聞いたこともないし、数個の中から選ぶだけで大丈夫でしょ」と思っていたのですが、そうではありませんでした。防災用品を取り扱っているメーカーというのは、自分が想像している以上にはるかにたくさん存在していたのです。しかも、テレビコマーシャルを放映している大手メーカーから、名前を聞いたことのない中小企業まで、その種類はかなり豊富でした。

ここで、ただ単に大手メーカーの提供している防災用品が優れていると単純に言えるのであれば、それを購入さえすればよかったのですが、それほど単純なものでもありませんでした。

大手の製品であっても、口コミを確認してみると「使いづらい」や「効果を発揮してくれない」など、不評である場合も少なからずあったのです。

防災用品はかなり種類があるため、情報収集が大事

一時は「とてもきりがない」と困り果て、適当な商品を購入して誤魔化そうかとも思いましたが、やはりそれはいけないと思い直しました。せっかく店長が自分を選んでくれたにも関わらず、手を抜くなんて信頼を裏切る行為としか言えませんし、もし実際に水害が起こった際、いい加減に選んでしまった商品が原因でスーパーに大きな損害が出てしまったら、それは自分の責任になってしまいます。

そうなってしまうと、もう仕事を続けられないばかりか、最悪の場合損害賠償を請求されてしまうことになってしまいます。それにもし、いい加減な防災用品のせいで、命に関わる事態が発生してしまったら・・・・。そう考えると、この仕事に対して真剣にならざるを得ませんでした。

改めて防災用品を選び直すため、私が行ったのは情報の収集です。公式HPのみならず、資料の請求や電話、メールでの問い合わせなど、あらゆる方法を駆使して情報を集めるようにしました。そうすると、今まで見えてこなかった、商品ごとの「差異」や「特徴」、そして「欠点」が見えてくるようになったのです。そうして、よりよい製品を分けていき、比較することができるようになり、自身の勤めるスーパーマーケットに最も合っている商品をセレクトすることができたのです。

結果として、私は店長から高く評価されることとなりました。実際商品を仮設置して水をかけてみたところ、ほとんど水を通すことなくみごと役目を果たしてくれました。ひょっとすると、近い将来昇給が期待できるかもしれません。

そして、もうひとつの成果は、「いかに防災用品が重要であるか」を理解できたということです。防災用品というのは日常的にはあまり使わないものであり、ついつい買わずに済ませてしまうことも多いです。しかし、万が一災害が発生してしまった場合、「備えている」と「備えていない」では、大きな差が生じてきます。災害に遭った後で「あの時ちゃんと防災用品を導入していれば……」と嘆いていても遅いのです。

このサイトは、そんな防災用品の重要性を知っていただくと同時に、よりよい防災用品を購入してもらうために作成を行いました。掲載している情報は、いずれも私が独自に収集を行ったもので、ランキングの順位もすべて私の判断によるものです。よって、どうしても個人的な裁量は入ってしまいがちではありますが、防災用品購入の検討材料としては十分に「使える情報」と自負しております。

ぜひ、よりよい防災用品を購入し、災害の備えを万全なものとするようにしてくださいませ。

値段の安さばかりに釣られてしまうと大変なことに!

防災用品を購入する上で、あなたはいったいどのような点を重視して選ぶでしょうか。ひょっとすると、値段を気にされている方も少なからずおられるのではないでしょうか。確かに、有り余るほどのお金を持っている方というのはごく少数ですから、その値段を気にするというのも当然のことであるかもしれません。しかし、あまりにもコスト面を気にしすぎると、本来の目的を見失ってしまうばかりか、いざ災害が発生してしまった場合大変なことになりかねません

たとえば、他よりもはるかに値段が安すぎる防災用品について、その値段がなぜ安いかということを考えてみてください。ほとんどの理由は、「制作に対してそれほどお金をかけていないから」という理由が当てはまるでしょう。たとえば材料をそれほど高くないものにしたり、構造をより簡素なものとしたり、あらゆる工夫、あるいは手抜きによってコストを浮かせているのです。

それによっていったいなにが起こるのでしょうか。たとえば、安い材料によって作られた止水板では、勢いよく流れてくる水を止められないかもしれません。そのまま壊されてしまうかもしれませんし、水を止めてくれず流れ出してくるかもしれません。止水板の隙間から水が漏れ出してくることだって考えられます。

また、構造をわざと簡素化して、現場での工事を必要とすることによってコストを浮かせるパターンもあります。防災用品の取り付けにあたって事前工事があるかないかで、その使いやすさというのは大きく異なってきます。工事が必要となれば、スケジュールの調整をしなければなりませんし、工事が行われている間周辺での事業が制限されてしまうということもしっかり把握しておかなければ、トラブルの原因となります。それに加えて工事によってレールが取り付けられれば、店舗や住宅の景観を損なってしまうことにもなりませんし、荷物の運び入れなどの際に邪魔になってしまうことだって十分にあり得ます。それに加えて、工事費用の負担によって結局コストが高くついてしまう可能性だってありますし、そもそも工事を行うことができず、はじめから設置することが不可能な場所だって中にはあるのです。

最悪の場合が、これは海外からの輸入製品にありがちなのですが、構造的な欠陥があったりするといったことです。そもそも組み立てることができなかったり、やっと組み立てられたとしてもすぐ壊れてしまうといったり、もはや商品失格としか言えないようなものが、ネットショップなどでは平然と売られていたりします。そうした商品はほとんどの場合驚くほど値段が安く、それにつられてついつい購入してみたくなりますが、絶対にオススメできません。私も試しにひとつだけ購入してテストしたことがありますが、まるで役に立たず、ホースの水すら防ぎきることができない欠陥品でした。このような商品を購入することは、お金をドブに捨てるのに等しく、時間的にもまったくのムダといってもよいでしょう。

防災用品を購入するにあたり、値段を考えることももちろん大事なことではありますが、そればかりを考えてしまうと、結局「最初から買わない方がマシだった」といったような、悲惨な目に遭ってしまうかもしれません。

おすすめサイト

電話占いって本当に当たるの?辛口評価の電話占い研究所!

→悩みを抱えるすべての方に見てほしい。明日はちょっと変わるかも?電話占いのまとめサイトです。

そろえておきたい防災グッズ紹介サイト

→いざというときに困らないように。防災グッズのチェックリストとして見てみてください。

記事一覧

日本は災害の多い国と言っても過言ではありません。地震や水害も多いので、自分である程度の備えをしなければいけませ ・・・[続きを読む]
台風や川の氾濫で、水害が起こるかもしれない地域に住んでいるのなら、対策できる防災用品を購入しておきましょう。日 ・・・[続きを読む]
何も起こらないことが一番ですが、万が一のケースを考え、日頃から防災意識を高めておくことが肝心です。防災用品を揃 ・・・[続きを読む]
災害に備えて防災用品を買ったのに、欠陥品が届いて困ってしまった方もいるかもしれません。 このコラムでは、そのよ ・・・[続きを読む]
住み始めたエリアで、豪雨などが頻繁に起こり、水に関する被害が多い場合もあるでしょう。それを知ったとき、自身はま ・・・[続きを読む]
防災に関するアイテムの値段を見てみると、それぞれのメーカーで値段設定がバラバラなのが分かるはずです。同じアイテ ・・・[続きを読む]
災害が起きたときは冷静な判断をしなければいけません。 避難経路などに従って避難などをするとよいでしょう。 避難 ・・・[続きを読む]
災害が起きたときに身を守ってくれるアイテムとしてヘルメットがあります。 良く工事現場などで被っている人を見かけ ・・・[続きを読む]
車に乗っているときに災害に遭うこともあり、それ以外に災害後の移動や宿泊などで使うときもあります。 トランクなど ・・・[続きを読む]
日本は川がたくさんあるため、雨の降り方によってはひどい水害が発生するときがあります。 まずは住宅を守る必要があ ・・・[続きを読む]
災害は事前に予測が難しく、起きてから準備をしようとしても難しいかもしれません。 そのためには防災用品を予め用意 ・・・[続きを読む]
9月1日は防災の日で、各地でイベントなどが行われます。 防災用品なども売られるので購入する人もいるかもしれませ ・・・[続きを読む]
日本は海や山に囲まれていますし、火山や活断層が多くあるだけに天災とは切っても切れないものとなります。 最近では ・・・[続きを読む]
いつどこで起こるのかわからないのが自然災害です。 特に地震は一瞬で環境を一変させてしまうので、もし外出中や旅行 ・・・[続きを読む]
近年、温暖化の促進によって、過去10年とは比べ物にならないほど被害件数の多い大型自然災害が増えています。 その ・・・[続きを読む]
防災用品を揃えたいけれど、本格的なものを購入しようと思うと意外に高価でなかなか揃えられないという人もいるのでは ・・・[続きを読む]
防災用品といえば「いつも枕元に置いておき、いざというときはすぐに持ち出せるセット」とか「台風に備える家庭用土嚢 ・・・[続きを読む]
近年では地震や津波だけでなく毎年のように台風や豪雨による被害も発生しています。 災害が発生した際に未然に大きな ・・・[続きを読む]
万が一の時の為に、防災用品を備えておくことは非常に大切です。防災グッズを確認すれば、様々なタイプが市販されてい ・・・[続きを読む]
日本は地震や台風などの災害に遭いやすい国で、どこに住んでいても一定のリスクがあるびで常に備えをしておく必要があ ・・・[続きを読む]
防災に関する備えとしては、起きた時に必要なものを持ち出せるようにしておくことでしょう。せっかく用意しているのに ・・・[続きを読む]
災害は起きるかもしれませんが起きないかもしれません。災害が起きて困る期間は平穏な期間に比べると少ないかもしれま ・・・[続きを読む]
豪雨による水害など、緊急時に間違った行動をしないように、防災に関する正しい知識を身につける事は大切です。様々な ・・・[続きを読む]
建物の中に、水が浸入してしまうと、家電製品や家具が傷んでしまうなど、後片付けが大変なだけではなく、買いかえなど ・・・[続きを読む]